G-FQKV4R6PJV

おはようございます。

今日は、フードリボンプロジェクトをさらに盛り上げていくための提案を一つ、シェアさせて頂きたいなと思います。

本部の人間として、プロジェクトが良くなっていくためにやりたいことは本当にたくさんあります。
実力不足か、人手不足か、はたまた資金不足かで、なかなかやりたい事を実行しきれていない状況になると、すこしフラストレーションに感じてしまう時もあるくらいです。

・企業協賛の獲得
・リボンの発注
・グッズ販売
などがその中の一部になります。

どれもやりたいし、やるべきだし、
悔しい!!
どんどん行動と実行をしていきたいです。

頑張れ自分。

さて、今日シェアさせて頂くのは、「公式応援隊(仮名)」をつくりたいということです。

先日竹内さんから、「ファミリーの人に専用の名刺を渡したらどうか?」という提案をもらいました。
ファミリーの人たちがそれぞれ「フードリボン」の名刺を持って配ることができたら、よりやりがいや充実感を持って、チームの一員だとより思えるのではないか。

さらに、ファミリーの皆さんがその名刺をたくさんの人たちに配ってくれたら、より多くの人に、フードリボンのことを知ってもらうことができる。

すごくいい提案をいただいたなと思っていて、さらに言えば名刺だけじゃなくて、公式に応援隊的なものを作ってしまおうと考えています。

月1000円のサブスクリプション制にして、会員になった人には名刺だったりバッジだったりをもれなくプレゼントする。

で、公式応援団としてフードリボンプロジェクトを広めていくためのパンフレットだったり、資料だったり、そういうものも提供する。そこからさらに応援団が増えたり、参加店舗が増えたりしていく。

他にも、公式応援団でしか手に入らない情報をゲットできるようになったり、公式応援団しか参加できない交流会などにも参加できるようになったり、、、

さらに1年、2年、3年、、、と長期的にメンバーであり続けている方には、その都度フードリボンTシャツだったり、ポロシャツだったり、スニーカーだったりを特典としてつけてあげる、、
などなど、夢はどんどん膨らんでいきます。

アイディアとして、最高のものだと思っています。このようなものを、一般的にNPO界隈では「有料会員」とか「有料ボランティア」などといって呼称することが多いです。

このような類のコミュニティというか、メンバーをたくさん増やしていくことは、ものすごく効果の高いことになると思っています。

・全国にフードリボンを応援する人たちが増える
・フードリボンの周知・拡大が早くなる
といったこともそうですが、ぶっちゃけた話「資金源」として本当にありがたいです。

月1000円のめんばーが100人集まったら、月10万円、年間120万円の財源になります。それが1000人になれば、年間1200万円。

金額だけ見てもデカイですが、それだけではなく、最大の利点はサブスクリプションから頂いたお金というのは、離脱のリスクがとても小さい部分にもあります。

企業協賛で一つの会社から1000万円を頂いていたら、それは大きな財源でありがたいのですが、その企業から協賛を辞めると言われてしまったら、一気に0になってしまいます。

一方で1000人の仲間から得た寄付であれば、急激に減るリスクは非常に少ないと思われます。

つまりは、安定した事業運営ができるようになるということで、重要になるんです。
今日は以上です。

これも期限を決めて、早速取り掛かっていきたいですね。
どうもありがとうございました〜〜!

【追伸】
■全国行脚2022
https://sky-glasses-f5b.notion.site/db96e03041b44e0896864…
■寄付
フードリボンプロジェクトの運営費として使用させて頂きます。
https://longspoon.net/donation-payments/
■全国のフードリボン店舗一覧:
https://www.gurutto-mama-yokohama.com/…/freepage-1.html

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP