G-FQKV4R6PJV

フードリボンプロジェクトは、助成金制度推進センターと協業しています。

助成金制度推進センターは、これまで1万社以上の助成金活用サポートをしてきた実績のある団体です。

助成金は日本政府が出している、お金の補助をする制度ですが、ほとんどの場合、私たち国民側が助成金の情報を知らずにいて、もらえるはずのお金をもらえずにいるパターンが多いそうです。

みなさんは、助成金をうまく活用されていますか?助成金制度推進センターでは、その企業が受け取れる助成金制度があるかどうか、無料で診断してもらうことができます。

全ての企業様に、可能性がある話ですので、もし助成金の獲得に関心を持たれた場合には、フードリボン事務局までご連絡ください。すぐにお繋ぎいたします。こちらにコメントをいただくか、お問合せをしていただくか、なんでも大丈夫です。

問い合わせフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S30432505/

助成金の特徴

助成金は、政府が出している制度で、政府側としても助成金の活用を求めていると聞きます。

ただ、知らない人がとても多く、もったいない現象が続出しているのだとか。

また、助成金制度の場合は、対象者に該当する企業の場合「100%」の確率で受け取ることができるといいます。

審査や落選といった概念がそもそも存在しない、申請すればもらえるお金。それが助成金みたいです。

ただしもちろん、本当にその助成金の対象として合っているのか、また申請書類で必要な情報を記入できているか、この辺りはちゃんと作る必要があります。

「正しく知って、正しく活かす」

というのが、助成金においてはとても大切で、そのサポートをしてくれるのが助成金制度推進センターです。

まずは無料のセミナーを受けて助成金制度についての理解を深めていただき、自分の会社で受けられる制度があるのかどうか、診断してもらえたらと思います。そこまでは無料です。

もし該当の助成金制度がある場合には、もらっていただければと思います。100%もらえるお金で、ほぼ無条件で受け取れます。あとは申請するだけです。

申請の際に、取りこぼしがないようちゃんとした書類を準備したりするサポートを、助成金制度推進センターさんから受けていただき、受け取った助成金のうち幾分かを手数料としてお支払いいただく感じです。

この手数料は、一般的な助成金サポートだったり社労士さんだったりを活用するよりも、だいぶ安いと聞いています。すごく得だと思いますので、是非。

ちなみに、フードリボンとの協業ということで、フードリボンプロジェクトの紹介でセンターを活用していただくと、その手数料のうち何%かが、フードリボンプロジェクト本部の運営費として回ることになっています。

興味のある方は、ぜひ事務局までご連絡ください😊無料のセミナーも診断も、我々からの紹介が必要となります😊

今日は以上です!それではまた!!

 

【追伸】

■全国行脚2022
https://sky-glasses-f5b.notion.site/db96e03041b44e08968645e8ce027c9b

■寄付
フードリボンプロジェクトの運営費として使用させて頂きます。
https://longspoon.net/donation-payments/

■全国のフードリボン店舗一覧:
https://www.gurutto-mama-yokohama.com/company/foodribbonproject-stores/freepage-1.html

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP