G-FQKV4R6PJV

クラウドファンディングの募集ページを制作しています。

目標は、200店舗分のリボン調達に必要な金額を設定する予定です。

募集ページに掲載する写真や画像、映像、そして文章などは、自前で用意することもできるし、外注してプロの力を借りることもできます。

最大限の成果を出すために、効果のありそうな投資はどんどん行っていきたいと思っています。特に映像を作る場合には、それが今後のプロジェクトPR動画としても使用することができるかもしれません。

これを機に、良いプロモーションをしていけたらいいなと思っております。

 

リターンを検討中

さて、クラウドファンディングといえば!リターンがあります。

今はどんなリターンがいいか、考え中です。みなさんはどんなリターンだと、欲しいと思いますか??

改めて今回のクラファンの趣旨を簡単に説明させてください。

今回クラファンで資金を集めたいのは、お店で使用されるリボンの発注のためです。一店舗あたり100個のリボンを配布するので、200店舗で20,000個のリボンが必要になります。

それで100~150万円くらいのお金を用意したいのですが、この度クラウドファンディングに挑戦する運びとなりました。

さらにリボンの制作には、障がい者の方が働いている作業場に注文することで、障害者雇用の創出にもつなげていきます。

というわけで、リターンで商品がそのまま購入できるようなタイプとは、違ったプロジェクトになっています。

みなさんにもご意見もらいたいのですが、どんなリターンだと良さそうでしょうか?ぶっとんだ発想もりもりで、アイディアや意見をコメントしてもらえたら嬉しいです😊

 

もし自分だったら・・・

もし自分が支援者側だったとしたら、で考えると、意外とリターンいらないかもと思ったりします。

本部から渡せるもので言うと、

・リボン実物
・フードリボンの名刺
・バッジ
・Tシャツ(作ろうと思えば)

などなど、グッズを作ってリターンとして準備することはできそうです。フードリボンのロゴが入ったグッズを身につける人が一人でも多く増えてくれれば、僕たちとしてはPR活動にもなってくれるので、一石二鳥です。

ただ、「それいる?」っていう思考が働き出すと、やっぱりリターンいらないかなぁって思ってしまったりもします。

支援者の立場としては、こっちへのリターンはいいから、子どもたちの笑顔を少しでも増やして欲しいとか、一食でも多くのご飯を届けて欲しいとか、そっちに気持ちがいきそうな気がしてなりません。

そうすると、割と「ただただ支援」が効くのではないかなと思ったりしています。

ここは、同じ金額で「ただただ支援」の枠と、名刺やバッジなど何らかのリターンがついた枠を両方設定して、どちらの方がどのくらい反応があるのか、測定してみるのが良さそうだと思っています。

その結果がまたノウハウになっていくと思うので、楽しみでもあります。

 

高額支援者には特別特典も!!

10万円とか、30万円とか、非常に大口でご支援いただいた方には、とびきりのリターンを設けたいなとも思っています。

例えば、「大嶋啓介が1日何でも頼みを聞いてくれる権利」とか。

そこまで風呂敷を広げられるか分からないですけど、大嶋さんの講演権とか、ノブさんの講演権とか、一緒にお食事ができる権利とか、そういうものだったら欲しい人いるんじゃないかと思ったりします。

この辺りのリターンも、現在考え中です。

このリターンあったら欲しい、これをしてもらえたら嬉しい、そんなご意見をお待ちしております😊

クラウドファンディングの募集開始予定は、9月の下旬となっております!!それまで皆様、進捗を随時共有させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

今日は以上です!
それでは、ありがとうございました!!

【追伸】

■全国行脚2022
https://sky-glasses-f5b.notion.site/db96e03041b44e08968645e8ce027c9b

■寄付
フードリボンプロジェクトの運営費として使用させて頂きます。
https://longspoon.net/donation-payments/

■全国のフードリボン店舗一覧:
https://www.gurutto-mama-yokohama.com/company/foodribbonproject-stores/freepage-1.html

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP